よくある質問|ブラック企業・ブラック病院に入ってしまった場合、労働基準法と労働基準監督署

ブラック企業・ブラック病院に入ってしまった場合、労働基準法と労働基準監督署

もし、ブラック企業・ブラック病院に入ってしまった、給料がきちんと支払われない、残業代がきちんと支払われない・引かれている、などの場合は、労働基準監督署に相談しましょう。

労働基準法違反例

  • 解雇された
  • 例えば、急にクビと言われ、解雇されてしまった。

  • 退職させられた
  • 例えば、急に退職しろと言われてしまった。

  • 労災保険の給付対応をしてくれない
  • 例えば、仕事で病気になり、病院に入院および通院する事になったのだが、会社が労災保険の給付申請をしてくれない。

  • 残業手当を払ってくれない
  • 例えば、毎日、数時間残業しているのにも拘らず、残業手当が付いてなく、残業が支払われない。

  • まったく関係ない仕事をさせられる
  • 例えば、事務の仕事で入ったのに、倉庫番に回された。掃除の仕事ばかりさせられるなど。

  • 給料を下げられた
  • 例えば、急に、給料が半分に下げられた。給料を下げる場合、会社から雇用者に対し、十分な時間をかけて説明する必要があります。また、10%以上の減給は違法となっています。

    [労働基準法第91条]
    就業規則で労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が1賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。また降格の程度が2階級以上に及ぶなど極端な格下げの場合、人事裁量権の濫用により無効とされるケースもあります。

    労働基準監督署に相談する場合

    労働基準監督署に相談する場合、現状をきちんとまとめておくことが必要です。
    参考までに、例をあげておくので、労働基準監督署に相談する前に、予め内容をまとめておき、相談しましょう。

  • 具体的な内容
  • 例えば、毎日、数時間残業しているのにも拘らず、残業手当が付いてなく、残業が支払われない。
    または、給与が数ヶ月、遅れている。または、全額支払われない、など。

    例えば、残業代が支払われていない場合などは、タイムカードをコピーするか、毎日退社する前に自分宛にメールを出し、その日時をプリントアウトし、労働基準監督署に提示できるようにしておきましょう。

  • 日にち
  • 具体的な日にちを、分かるようにしておきましょう。

    例えば、○月○日~○月○日まで。

  • 会社名・会社所在地
  • 具体的な会社名や会社所在地を、分かるようにしておきましょう。

    会社所在地により、労働基準監督署の管轄が違います。
    この事より、勤めている会社所在地を分かるようにしておきましょう。

    全国労働基準監督署の所在案内

    こちらに、全国の労働基準監督署のリンク先を掲載しておきますので、もし利用する際は、ご利用ください。

    全国労働基準監督署